メインイメージ

残余財産の分配とみなし配当

株主等がうける残余財産の分配額の中で、資本均等の額に対応する部分以外については利益積立金額の分配をうけたものとして配当とみなされます。また、清算法人については配当とみなされる金額について源泉徴収をおこなう義務があります。

未分割相続財産に対する小規模宅地等の特例

申告を行う最初の時には、分割がされていない財産に関して、配偶者の税額軽減の特例や小規模宅地等の課税価格の特例などの適用は不可能ですが、申告書に「申告期限後3年以内の分割見込書」を添えて出しておいて、相続税の申告期限から3年内に分割が行われた時は、特定の適用が可能となります。

日本内の居住者の人で、当該の12月31日中に、その価額の総計額が50,000,000円を超過する国外財産を持っている人は、その財産の数量や種類、価額とその他に要する事項を載せた調書を、当該年の次の年の3月15日までに管轄税務署長に出す必要が生じます。また、国外財産調書の提出制度に関して、妥当な提出のために下記の措置が設置されています(……続きを読む

課税対象に含まれる事業者は、それぞれの課税期間にその期間が終わる日の次の日から2カ月内に、納税地の管轄税務署長に消費税の確定申告を行うと同時に、税金を納める必要があります。しかし、個人事業者の12月31日の含まれる課税期間の消費税の確定申告・納税期限は3月31日までに延びられています。また、課税事業者でも、課税取引が内藤同時に納付しなければならない税額がない課税期間に関しては、確定申告書を出さなくても構わないことになっていますが、課税仕入れに関する消費税額・中間納付額がある場合は還付の申告が可能となっています(……続きを読む

Copyright© 2014 残余財産インフォ All Rights Reserved.